おっぱいはいつまで飲ませるの?

 「おっぱいは、いつまで飲ませるのが良いのでしょうか?」
よく受ける質問です。それは、赤ちゃんが子供になるまでです。
  「子供になるって、どういう事?」
それは、次の様なことが出来るようになれば、赤ちゃんを卒業してお兄ちゃん(お姉ちゃん)になるのです。

① 自分の足でしっかり歩ける。
② こちらの言っている事がだいたい理解できる。
③ 和食の大人の食事と同じ様な物を三食食べている。
④ 「あっち」でなくて「こっち」という二方向の判断が出来る。

 これらの事が出来るようになる頃、だいたい1才4~5ヶ月頃でしょうか。

 それぞれの項目を少し詳しく説明すると、
① 二足歩行が出来るということは、人間としての形になったということです。
② 「お外に行こうね」と言うと、玄関の方に行くとか。「本を取ってきて」と言うとちゃんと取ってきて来るとかが出来る。
③ 量の多少はあまり気にしなくても良いと思いますが、朝、昼、夕と食事に参加して一緒に食べている。
④ 1才頃になると自己主張が出てきて頑固になり、自分の意思が通らないと「イ-!」となって、グダグダになります。おっぱいは、このグダグダをなおすのにも役立ちます。一方向の判断しか出来ません。それが1才半に近づいてくると、主張はするけれど通らなければ代替案も受け入れられるようになり、二方向の判断が出来るようになります。他にも積木とかオモチャもポイポイと出すばかりだったのが、かごの中に入れられるとか「ここに置いてね」と言うと、ちゃんとその場所に置けるようになります。これが「A」ではなくて、「B」という二方向の判断が出来るようになるということです。つまり、自分は「赤ちゃん」じゃなくて、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)」というのが受け入れられるということです。

 この様な①~④の事が出来るようになると、もう赤ちゃんでは無く、子供になってくるので、おっぱいの助けが無くても体力的にも精神的にもやっていけるぐらいに成長したという事です。つまり、断乳の時期です。(断乳は母児の心身共に大きな変化を与える事です。その前後の生活上の注意点をよく理解し、断乳前から乳房のケアを受けて、心身共に良好な状態で臨むべき事です。希望される1ヶ月ぐらい前から、お近くの桶谷式母乳育児相談室にご相談のうえ、前後のケアを受けながら行って下さい。)ですから、「いつまで飲ませるの?」と言う質問に対しては、「赤ちゃんが1才半ぐらいになって、自分で歩けるようになるまで」というのが、大まかな答えです。

 100日のお食い初めを迎えるまでの赤ちゃんは、まだ”初心者マーク付き”なので頻回に飲んでも当たり前なのですが、その後は、おっぱいの調子が良ければ、昼も夜も2時間半から3時間毎におっぱいを欲しがります。そして1才を過ぎて1才半になる頃にしっかり歩けるようになるまではそのペースが続きます。間が空くのはその後の時期です。

 しっかり飲ませていれば1才頃からは、おっぱい大好きな「おっぱい星人」になります。かわいいですよ。どうぞ「おっぱい星人」を目指して頑張って下さい。

体温を上げて免疫力を上げることと母乳育児

授乳中の赤ちゃん 「体温を上げると免疫力が上がる」最近よく言われていることです。体温と免疫力には大きな関係があります。

 血液の成分である白血球は、体内を循環し、ウイルスや細菌などの異物を速やかに見つけ、繁殖を抑えることで病気になるのを防いでくれています。しかし体温が低いと血のめぐりが悪くなり、体に侵入して来たウイルスや細菌などが、白血球に見つからない内に増殖してしまい、発病しやすい状況になってしまいます。また、血のめぐりが悪いということは、体を構成している約60兆個の細胞それぞれに栄養や酸素が行き渡りにくく、老廃物が溜まりやすい状態を作ってしまいます。「冷え症」というのは病気とまでにはいってませんが病気になりやすい体質になっているということなのです。

 そこで、体温を上げるためには、・適度な運動 ・体を温めるものを食べる ・早寝早起き ・お風呂につかる ・体を冷やさないなどが有効です。

 ところで、「母乳育児とはどういう関係があるのか」ということですが。母乳1mlは何mlの血液から造られていると思われますか?答えは約500mlです。血液約500mlが体から乳腺房に流れ、その中の1mlの成分が母乳となり残りの約499mlは再び体に帰って行くのです。

 赤ちゃんは生後4ヶ月頃からは、1回の授乳で100ml程度飲むので、1回の授乳の約20分間にお母さんの体は500ml×100=50Lの血液が体を巡ることになります。つまり、お母さんの体の血のめぐりが良くなり、体温が上がります。一方、赤ちゃんの方は、ゴックン、ゴックンと大きく顎を動かして母乳を飲むことは、すごくいい運動になり、赤ちゃんの体はポカポカと温まります。特に夏などは、汗だくになりながら飲んでいます。

 赤ちゃんは、体温の下がりやすい夜中も3時間毎に母乳を飲むことで、体温を上げているのです。そして、乳房の調子が良く美味しい母乳の時ほど大きく顎を動かし、ゴックンゴックンと全身運動になります。

 また、調子が良くて美味しいオッパイを造るための生活は、体温を上げるための生活と同じです。早寝早起き、適度な運動、体を温めるものを食べる等々。つまり、母乳育児をすることでお母さんの体も赤ちゃんの体も体温が上昇し、免疫力が上がるということです。お母さんと赤ちゃん、二人の健康のために母乳育児は役立っていますよ。

唾液の抗菌パワーと母乳

赤ちゃんとお医者さま 秋の深まりと共に新型コロナウイルスの感染者数も増加し、感染予防の必要性が一層高まっています。

 ウイルスが口から侵入するのを防ぐためにマスクが活躍していますが、口の中のだ液もそれを助けています。だ液の中には、ウイルスや細菌などと結合して、その増殖を抑える、IgA抗体ラクトフェリンペルオキシダーゼリゾチームといった抗菌作用を持つ物質が含まれています。つまりだ液は、体内に入ろうとしているウイルスや細菌と体の入り口で戦って体を守ってくれているのです。

 その効力は、だ液の量や質で変わるそうです。量を増やすには、よく噛むこと、軽い運動、自律神経を整えるように規則正しい生活をするなどが大切です。また、舌を刺激するように軽く数回ブラッシングするなども効果的だそうです。また、だ液の質を良くするには、水分を十分に摂ることや栄養バランスの良い食事を摂ることが大切ですし、発酵食品に含まれるビフィズス菌や乳酸菌はだ液中のIgA抗体を増やしてくれます。

 ところで、赤ちゃんが母乳を飲むことと、だ液についてはどうかというと、赤ちゃんが母乳を飲んでいる時にその顎の動きを見ていると母乳が涌いてきた時に、顎を大きく動かしながら、ゴックン、ゴックンと飲んでいるのがわかります。これは、人が物を噛む時の動作と同じで、だ液の分泌を促します。母乳の分泌には、陣痛のように波があって、涌いていない時赤ちゃんはクチュクチュと刺激するように小さく口を動かすのですが、その刺激で母乳が涌いてくると、こめかみのあたりまで大きく顎を動かし、乳首にクルッと巻き付けた舌で波を打つように動かしながら、乳汁を口の奥へ送り込むのです。その顎の動きは、乳房の状態が良好で美味しい乳汁の時ほど、はっきりとゴックンゴックンと大きく動かしています。こうして、しっかり顎を動かしだ液の分泌も促しているのです。

 そして、この動きは赤ちゃんにとって全身運動にもなっています。夏に授乳したことのあるお母さんは良く分かると思いますが、赤ちゃんは母乳を飲みながら汗びっしょりになっていますよね。他のシーズンでも母乳を飲むと赤ちゃんの体はホカホカ温かくなります。赤ちゃんにとっては、母乳を飲むのはいい運動なのです。

 そして、だ液の中のIgA抗体を増やしてくれる、ビフィズス菌や乳酸菌ですが、母乳の中には、ミルコオリゴ糖というのが含まれていて、これが、赤ちゃんの体の中のビフィズス菌や乳酸菌のエサになり、善玉菌が活発に動けるようにしてくれているのです。

 このように、母乳は赤ちゃんの体をウイルスや細菌から守ることにも役立っています。

黒川伊保子先生の講演会に行って来ました!

 黒川伊保子先生の著書「家族のトリセツ」

 黒川伊保子先生の講演会に行って来ました!お題は「夫婦のトリセツ」。私はいとこと一緒でしたが文字通りご夫婦で来られている方々も4~5組おられましたよ。

 黒川先生は、日本のAI(人工知能)開発に初期の段階から、取り組まれて来られた方です。そのために、人間の脳の使い方を解明していく中で分かったことを、あらゆる人間関係の改善に役立てる様にと話して下さいます。

 2~3年前に桶谷式母乳育児推進協会の総会で、先生の講演をお聞きし、今回は2度目なのですが、柔和な語り口とウィットに富んだ内容で前回大好評だったのですが、今回もでした!

 男性と女性の脳の構造は同じだけれど、とっさに使う時の使い方が違うので、お互いに「なんでそんな事を言うのかなあ?!」となってしまうとか、良かれと思って掛けた言葉が裏目に出て、喧嘩になるとか・・・それは脳の使い方が違うから。ふむふむなるほどというお話が満載でした。

 著書も多数出されており、何冊か読みましたが、いずれも読みやすくお勧めです。「夫のトリセツ」「妻のトリセツ」「コミュニケーションストレス」「しあわせ脳に育てよう」などなど。

 

黒川伊保子先生のオフィシャルサイトはこちらから

写真は先生のトリセツシリーズ最新版「家族のトリセツ」です。サインもいただいて、ご機嫌ですぅ。

黒川伊保子先生のサイン

コロナ禍と言葉の発達

マスクを付けたお母さんと赤ちゃん  数年前に夫がある手術を受けた時のことです。手術が終わった直後に、主治医の先生が手術結果を説明してくださいました。私は先生とはその時が初対面で先生のお顔を見て『キリッとしたなかなかの美男子、イ・ケ・メ・ンだわ』と思いつつお話を伺っておりました。話の最後に「以上ですが、何かお聞きになりたいことはありませんか?」と言いながら、先生は付けていたマスクを外されました。その時私は『あ、ああ、質問は無いですがマスクを外してほしくなかったですぅ~~。』と思ってしまいました。(笑)

 この様に皆さんもマスク姿の顔で見慣れてた方が、マスクを外された時に『えっ?この方はこんな顔だったの?』と思われた経験はあると思います。“目は口ほどに物を言う”とは言われますが、やはり口元の表情から得る情報はかなり多いものです。

 さて、赤ちゃんが言葉を覚える時にはどんな情報を得ているのでしょうか?もちろん、耳から得るものは多いのですが、話す人の口元の動きを見て真似たり、話す人の表情を見て、その意味を理解したりしながら覚えていきます。ですから新型コロナ対策でマスクを付けて過ごす時間が多い昨今ですが、お家にいる時や近くに他人がいない時は、どうぞマスクを外してあなたの赤ちゃんに話しかけて下さい。そして、うれしい時にはうれしい顔、嫌な時には嫌な顔をして(自分の気持ちに不自然でない程度でいいので)喋りかけて下さい。出来れば少しだけゆっくりと。

赤ちゃんのマスク使用は危険です。公益社団法人 日本小児科医会

暑い季節の水分の摂り方

 冷たく冷やした麦茶

 もうすぐ梅雨が明け本格的な夏がやって来ます。授乳中は、おっぱいも出している上に代謝も高まっているので、汗もかきやすく水分補給は大切です。お茶などをついガブガブと飲んでしまいそうですが、乳汁分泌の盛んな人は、ガブガブと飲むと、乳房緊満が強くなります。それに、一度に沢山の水分を摂る事で胃液も薄まり、食欲不振になり夏バテにつながることもあります。また反対に、日頃から水分を摂るのをついつい忘れてしまう人もいます。家事に追われ、気がついたら、ずっとお茶もお水も飲んでいない。食事の時に軽く一杯のむだけ。それでは、夏場は熱中症の危険性も出てきます。

 一番良いのは「少しずつ、こまめに飲む」ことです。そこでひと工夫。

 ついガブガブと飲んでしまいがちな人は、お湯飲みやコップを小さくすることです。お寿司屋さんのお湯飲みやジョッキに入れると、グビグビと一度に沢山飲んでしまいますので、器自体を小さくして、一杯の量を大量にしないことです。毎年、水分の摂り過ぎで夏バテするような人や、おっぱいがパンパンに張りがちな人は、お煎茶茶碗やデミタスカップを使うのも良いですね。

 そして、一杯飲んだら、その時に次の分を器に入れてテーブルに置いておくことです。家事が忙しいと、「ちょっと口が渇いたな」と思っても目の前に無いと「まっ次にしよう」とつい後回しになってしまうことも多いはず。特に飲み忘れの多い人は、テーブルの傍らを通るたびに気に掛けて、飲んだ後は次の分をそそいておくと、飲み忘れも減りますよ。

 夜中も授乳し、よく汗をかきますので、枕元に小さなコップ付きの水筒に飲み物を入れておいておきます。赤ちゃんや子どもも夜中に沢山汗をかくので、喉が渇いて目を覚ますことも夏場はよくあります。おっぱいは飲んでいるのにすぐ目を覚まして泣く時など、お茶やお水を飲ませると、スヤスヤと眠ってくれることも多いです。

 飲む物は、水、番茶、夏は麦茶が良いです。また、乳汁分泌の少ない人は、ハト麦茶、冷え性気味の人はルイボスティーがおすすめです。カフェインを多く含む物は、赤ちゃんも眠れなくなるので、おすすめしません。(ペットボトルのお茶もカフェインの多い物があります。)

 暑い夏も、もりもり食べて、元気に過ごすために飲み方の工夫をしてみましょう。

夏のヘルシースイーツ

バナナ 

 暑くなってくると、ひんやりしたものが食べたくなりますね。でも、授乳中はアイスクリームやジュースはあまりおすすめではありません。乳脂肪や糖分が多過ぎて、母乳の味が変化し、赤ちゃんが嫌がり飲み残しが多くなったり、母乳が胃にもたれて、寝すごしてしまったりすることが多々ありますから。

 でも、でも、甘くて冷たい物が食べたい!という時におすすめのスイーツがあります。完熟バナナの皮をむき、2cm幅ぐらいに切りタッパーに広げて冷凍します。プチ冷凍バナナです。これなら2~3個たべるだけで結構満足出来ますよ。バナナは生で食べるよりも冷凍するとポリフェノールの量が2倍にアップするという説もあります。バナナの他には巨峰でも出来ます。一粒一粒ばらばらにして皮ごと凍らせます。

 う~ん、ひんやりと美味でござります~~!

巨峰の写真

保育園のお迎えの時にやってほしいこと

赤ちゃんとお母さんのハグ
 新型コロナの影響で、色々困った問題が出てきていますが、子育て中のお母さんの中には、4月から保育園に預けて仕事を始める予定だったけど6月まで延期になり、赤ちゃんとお家で過ごせる期間が延びて良かったかなという方もおられると思います。(何事も前向きにとらえる方が良いと思うので)
 さて、いよいよ子供達も保育園生活がスタートするのですが、お母さん(お父さん)にやってほしいことがあります。それはお迎えに行った時にわが子を見つけたら、まず「迎えに来たよ!会いたかった!」と笑顔でハグして下さい。そして、園で授乳出来る方はまずおっぱいを飲ませて下さい。
 赤ちゃんや子供達も、園では頑張っているのです。お家とは違う環境で先生やクラスメイトとのやり取りにとまどったり緊張したりしながら、頑張っているのです。そして、小さい子達の一日は長いのです。あなたも子供の頃の一日は今の年齢の一日よりずっと長く感じていたでしょ?!赤ちゃんにしたら朝お母さん(お父さん)とお別れして、夕方お迎えに来てくれたとしても、「わぁ、お母さん(お父さん)久しぶり!」と言う気持ちかなと思います。
 だから少し大げさに見えてもかまわないので、「お迎えに来たよ!!」「会いたかったよ!」とハグして下さい。そうすると、「ずっと僕(私)のことを思っててくれたんだ。良かった。」と思って、愛情を感じてくれて落ち着いてくれますよ。きっと。

新型コロナウイルス感染予防のためのお願い

風邪症状のある方は、来院をご遠慮下さい。

ご自宅で検温し、発熱の無いことを確かめてから来院して下さい。

発熱のある方で、風邪症状は無く、明らかに熱の原因が乳腺炎であると思われる方は、まず、お電話でご相談下さい。

マスク着用でお越し下さい。

来院時の交通手段は、感染の可能性の低い方法を選んで下さい。(マイカー、自転車、徒歩等)

入室時に洗面所で、しっかり手洗い、消毒をして下さい。

予約は「密」にならないよう、間隔を開けて取っておりますので、時間をお守り下さい。

換気のため、窓を開けておりますので、多少寒い時もあると思いますが、ご了承下さい。

お互いの健康を守るため、ご協力をお願い致します。

なお、万一、私および家族等が感染した場合は、休診いたします。その時は、このホームページや留守番電話にメッセージを入れておきますので、ご確認下さい。

 

当院の予防対策について

当相談室では、室内の施設、什器、備品等の除菌に微酸性電解水『アクアサニター』を使用しております。アクアサニターは安全性が高く、万一誤って飲んでも問題はありません。

 

お兄ちゃん・お姉ちゃんとのスキンシップ

お母さんとお姉ちゃんと赤ちゃん 赤ちゃんが生まれたら、どうしても上の子達に触れる機会が減ります。でも、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお母さんに触ってほしい。幸せホルモンのオキシトシンは、触れ合うことで分泌されます。オキシトシンが分泌されると、幸せな気分になったり、ストレスが緩和されたり、信頼感が高まったりと心の平安が保たれるのです。そして、免疫力や学習意欲や記憶力も向上すると言われています。

 子供達はお母さんに優しく触ってもらう事が一番幸せホルモンの分泌に結び付きます。幼稚園や保育園が終わって、最初に顔を合わせた時、少し大げさでも良いので、ハグして迎えてあげて下さい。頭をクリクリ触りながら話しかけるなどやってみて下さい。

 家に着いて、手を洗う時も、一緒に手を添えて洗ってあげる・・・。衛生面でも幼児さんが一人で手を洗うと、かなり洗い残しがありますので。特に男の子なんて、手に水を付けただけで、そのあと拭いたタオルに汚れをなすり付けたようになっていたりします。

 それから、オキシトシンは触られた方にも分泌しますが、触った方はそれ以上に沢山分泌するといわれるので、子供達に肩をたたいてもらうとかも良いスキンシップになると思います。